Loading

Blog

ハムスターの病気。陰茎脱で動物病院へ。治療とお薬処方。

こんにちは♡

女性の健康をサポートする中野・新宿エリアの美容整体師 八賀です。

 

昨日、うちのハム太郎を動物病院へ連れて行きました。

 

少し前から、下腹部から何かが出てるという症状があったので様子見にしてましたが、出たり引っ込んだりしていて、そのうち出っぱなしの状態が長くなってきました。

 

でてる箇所に少し炎症のような腫れもでてきたようで、夫がネットで検索をしてみたりと、いろいろ調べていたら、脱腸もしくは陰茎脱ではないかとのこと。

 

というわけで、動物病院へ。

 

子供の頃、実家で犬(シェルティ)を飼ってまして、そのときに動物病院には行ったことがあるのですが、ハムスターを動物病院に連れて行くのは初めてです。

 

診察前にカルテ記入から。

飼い主の情報とハムの情報を書きます。

こんな小さな生き物も、ちゃんと親身になってみてくださる獣医さんでありがたいなあって思いました。😌

 

先生に診てもらうと、

陰茎脱だとわかりました。

 

うちのハムが男の子だと確定 笑

 

 

 

【病院での処置 1回目】

①出た部分を潤滑液を使い、無理やり押し込んで引っ込める。

②炎症を抑える飲み薬を処方

目薬みたいな容器に入っており、甘くて美味しいので、そのまま近づけると美味しそうに飲みます。

 

「お大事に〜」

と見送られて、病院をでて、いったん家に戻ってみてみたら、

また、出てる‼️えーん

 

処置は辛かったみたいで、弱ってたハムを元気付けるため、大好きなブロッコリーの葉っぱをあげて、栄養補給。

再度、またすぐ病院へ。

 

 

 

【病院での処置 2回目】

①再度引っ込めたあと、出ないように入り口を狭めるよう縫う。

(全部縫ったら、排尿できなくなるので、狭める感じに。)

先生には「いったん、もう一度引っ込めたら数日様子を見て、また出るようでしたら縫いましょうか?」

とも言われましたが、今までも何度も飛び出てきていたので、今日縫ってくださいとお願いし、すぐその場で縫合手術。

10分くらいで、あっという間に終了!

 

途中、奥から(手術室かな?)ハムの鳴き声が聞こえて、可哀想で不安になりましたが、無事に終わって一安心。(ハムたん、痛かったんだろうなあ😢)

 

 

しかし、飛び出た状態で放置すると、乾燥や、気になって自分で噛み付いてしまったりして炎症が悪化したり、箇所が壊死してしまう可能性もあるらしい。

壊死してしまうと、命にも支障がでてくるとのことで。

 

縫われたあとは、糸がしっかり見えて、なんとも痛々しい状態でしたが、これで、なんとか腫れが引いて回復してくれるといいなあと思います。

 

糸は時間が経つと溶けるそうですが、でも溶けない場合もあるみたいで、その際は抜糸をしたほうがいいみたい。1週間の経過観察です。

ハム太郎が早く元気になりますように。

 

薬の袋の患者名を入れるところに、

「ハム太郎」ちゃんって書いてあって、

なんだか、ちゃんと向き合ってもらえてるような気がして嬉しくなりました☺️

ちなみに、

自宅でハムスターの陰茎脱の状態を引っ込めてあげるには、ベビーローションかワセリンを塗ってすべりをよくしてから、綿棒で押し込む、のがいいそう。

嫌がるハムがあまりに痛々しくて、なかなか難しいと思うので、近くに病院があれば、やはり病院に連れてくのが最善だと思います。

 

治療費は意外と良心的で、

1回目は3300

2回目は1100

(同日だったから、2回目がこんなに安かったのかも。)

 

私の記録としてまとめておりますが、もしハムスターの同じような症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、少しでもお役に立ちましたら幸いです。

梅雨時期の不調。メンタルストレス・ココロの不調がお辛い方に。

ワードプレスに「Use of undefined constant ‘RELOCATE’」エラー表示。エックスサーバーでのPHP更新とエラー解消

PAGE TOP