Loading

背中の痛み

我慢しないで!背中の痛み・違和感

 背中の痛みは人によって様々な原因があります。
 また背中の痛み…と一言で言っても、痛みの場所や痛みの出方は千差万別。
下記は、背中の痛みの種類や背中の筋肉の緊張で起こる症状の一部です。


どんな痛み・違和感がありますか?

  • 背中を押すと痛みがある
  • 動くと背中に激痛が走ることがある
  • 何もしていない時に、突然背中に激痛が走ることがある
  • 背中全体が痛い
  • 重だるい
  • 背中の一部がピンポイントで痛い(肩甲骨の間や下が痛いなど。)
  • 背中の右側・左側が痛い。(脇腹が痛い)
  • 前屈すると背中が痛い。
  • 息をするとピキッとした背中に痛みが走る部分がある。
  • せきや咳払いなどをした時にずきっと背中が痛い部分がある。
  • 長時間同じ姿勢をしていると背中が痛い。
  • 車の運転(長時間のドライブ)で背中が痛くなる、辛い。
  • めまい、吐き気がする。
  • 息が浅い、階段の上り下りくらいでもすぐに息切れする。
  • 呼吸が浅い。深く息が吸えない。
  • あおむけで寝られない。(横になって、またはうつ伏せが好き)
  • 寝がえりをするときに背中に痛みがある。
  • 胃の辺りの背中が痛い。
  • 腕を回すと肩甲骨が突っ張る。
  • 息苦しい感じがする。
  • 肩甲骨の裏側(奥)が痛い気がする。
  • 首を上にあげると、肩甲骨周りが痛い。

背中の痛みを引き起こすさまざまな原因

 背中の痛みの原因には様々なものがありますが、その中でも最も多いのが「筋筋膜痛症候群」といって、急性の筋肉の障害や、筋肉の反復性の過負荷ストレス(使いすぎ)により、筋肉内に硬いしこりのような部分(緊張帯)ができるものです。筋筋膜痛症候群とはいわゆる「筋肉痛・コリ」の状態で、筋肉を触ると強く痛みを感じる「トリガーポイント」があることが特徴です。
 筋筋膜痛症候群は背中の筋肉への負担・ストレスが主な原因ですので、普段の姿勢が悪かったり、睡眠不足などでも悪化する場合があります。特に一日中パソコンの仕事などをしていて、背中の血行が悪くなりやすいような人は、この筋筋膜痛症候群にもなりやすいので注意が必要です。
 ヘルニア、狭心症等の全身の病気でも背中に痛みを感じることがあります。また、背中の筋肉には全く異常が無い場合でも、小腸や大腸、肝臓、膵臓等の内臓の不調が原因で背中に痛みを感じる場合があります。
 様々な原因により背中の痛みが引き起こされますので、背中に違和感があるようなら放っておかないでくださいね!
 当整体院には背中の痛みを抱えた患者さんが沢山来院されています。
 こんな背中の痛みの症状でも良いのかな?と思われたら一度お電話にてご相談ください。
 病院で「異常はありません!」と言われた方も諦めないでください。
 背中の痛みには必ず原因があります。あなたの痛みを我慢しないでください!

たくさんの嬉しいお声をいただいております!

▶︎おすすめのコース

PAGE TOP