Loading

耳鳴り(みみなり)

我慢しないで!つらい耳鳴り。

 しーんと静まり返った部屋で、ふと気づくと耳鳴りが。ふとんに入った時に音が鳴ってる。病院で検査したけど原因が分からなかった耳鳴り。いくつもの病院や治療院に行ったけれども改善しなかった耳鳴りなど…
 耳鳴りでお悩みなら東中野駅前の整体 Studio de beauté HACHIGAにご相談ください。

東中野,小顔矯正,ブライダル整体,新宿,産後,整体,マタニティ整体

耳鳴り・頭痛・めまい・メニエールなど、耳鳴りの症状に苦しんでいませんか?

 耳鳴りは痛みこそありませんが、非常に不快な症状と言えます。最近ではめまいや頭痛、肩こりと併発してしまう耳鳴りが多いようです。ストレス社会になってからというものの、耳鳴りの症状で来院されている方が増えています。基本的に耳鳴りの症状が発生する原因は、身体のどこかに異常が発生しているからです。
 全身が健康ならば音がスムーズに伝わるのに、身体のどこかに支障をきたしていると、それが耳鳴りとなって伝わってしまうのです。
 耳鳴りの音は、人さまざまで、「ジンジン」「ジージー」と表現する人もいれば、「カンカン」「ガンガン」「キーン」「ゴロゴロ」という人もいます。音程も低い音から高い音まで耳鳴りは様々です。


耳鳴り(みみなり)の種類

 耳鳴りとは、外で音がしていないのに音が聞こえる状態ですが、現実には音がない自覚的耳鳴(じかくてきじめい)と、患者さんの体の耳付近や耳管などで実際に何らかの音がしていて、それが聴こえている他覚的耳鳴(たかくてきじめい)に分けられます。

・自覚的耳鳴

 自覚的耳鳴(以下、単に耳鳴り)が起こる仕組みははっきりしていませんが、内耳から脳に至る聴覚経路のどこかで、外からの音入力に関係なく聞こえの神経が活性化されることで生じると推測されます。また耳鳴りは、外界が静かになる夜や早朝に大きく感じることが一般的です。耳鳴りは、さまざまな病気に伴って起こります。代表的なものは内耳性難聴ないじせいなんちょうに伴うもので、突発性難聴、音響外傷、メニエール病などでみられます。しかし、単に加齢に伴って生じたり、あるいは難聴など他の症状をまったく伴わず、耳鳴りが単独で生じることもあります。
 耳鳴りは主観的なものなので、その性質や強さを正確に測るのは難しいのですが、耳鳴検査の器械を用いていろいろな高さ、強さの音を発生させ、それと聞き比べることで、ある程度数値として評価することができます。

・他覚的耳鳴

 他覚的耳鳴がある場合、実際に患者さんの耳と医師の耳を聴診器で使うようなチューブでつないでみると、ほとんどの場合、患者さんが聞いている耳鳴りを医師が聞くことができます。他覚的耳鳴には、間欠的なものと持続的なものがあります。間欠的なものには、コツコツとかプツプツなどと表現できる音が多く、耳管周辺の筋肉や耳小骨じしょうこつについている筋肉のけいれんによるものがあります。また、物を飲み込んだ時などに、鼻の奥の上咽頭じょういんとうで耳管の開口部の隆起が周囲の粘膜に触れてピチャピチャ音をたてるのが聞こえて気になることもあります。音が持続的な場合では、耳周辺の大きな静脈や動脈内を血液が流れる時に生じる雑音が聞こえる例があります。


 耳鳴りそのものは、生命の危険を伴うものでも痛みを生じるものでもありません。
 しかし、覚醒している間中休みなく耳鳴りが続くことで、常に脅かされるような感覚を伴い、患者さんの苦痛は決して小さくありません。できる範囲で原因を追及して治療法を探り、また、周囲の人々が耳鳴りの患者さんの苦痛を理解し、共感を示すことが患者さんにとっては大きな救いになります。

 色々な種類の耳鳴りがありますが、首(頸椎)のズレがあったり、顔・首回りの筋肉の緊張が原因となっている耳鳴りも多いです。
当院には、鼓膜自体に穴が開いているなどの器質的な疾患が原因の耳鳴りについてを除き、病院で検査をしてみたけれど、異常なしと言われたしまった方から、なんとなく不快な症状が続いている方まで、様々な耳鳴りの患者さんが来院されています。


▶︎耳鳴りでおすすめのコース

PAGE TOP