Loading

四十肩・五十肩

肩の痛みでお悩みではありませんか?

40代50代の人に起こりやすい肩関節の周りに起こる炎症のことを、四十肩、五十肩といいます。


四十肩・五十肩の症状は?

腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。
四十肩・五十肩になると、腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こり、思うように動かせなくなります。そのため、シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶなどの動作がしづらくなります。肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じるのが特徴です。

東中野,小顔矯正,ブライダル整体,新宿,新宿西口,新宿東口,産後,整体,マタニティ整体


肩こりと四十肩・五十肩との違いは?

痛みのレベルが違う!!というのはもちろんですが、
筋肉疲労か関節の炎症かの違いです。
肩こりは悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。

一方、四十肩・五十肩は、おもに次の3つのケースで発症します。

  • 腕の筋肉の先端にある腱の炎症(上腕二頭筋の腱炎)。
  • 上腕骨頭を取り巻く幅広い筋腱組織「腱板」が損傷、または断裂を起こした場合。
  • 骨と腱板の間にある「肩峰下滑液包」が炎症を起こしたり(肩峰下滑液包炎)、石灰がたまった(石灰沈着)場合。

若い方々の、四十肩・五十肩が増えてきています

最近は20代・30代でも四十肩・五十肩と同じような症状で来院される方が増えています。
まだ若いから大丈夫♪と、
自分の体を過信して無理をしすぎないようにしてくださいね!
1日中同じ姿勢でずっと仕事をしている方や、長時間のパソコン、長時間よくない姿勢でのスマートフォン…四十肩・五十肩になる可能性のある方々は大勢いらっしゃいます。
日常の予防としては、肩関節は年齢とともに可動域が狭くなりますから、普段から適度な運動を習慣にし、肩関節を無理をしない範囲で動かすよう心がけてください。全身を伸ばすストレッチもおすすめです。
四十肩・五十肩は突然起こるのでなく、肩に違和感やしびれ感があるなどの前兆があります。これを見逃さず、起こったら肩関節を適度に動かしたり温めることで、症状の進行を抑えることができます。
四十肩・五十肩はひどくなってしまうと回復に時間がかかってしまいます。腕を上げ辛いかも…もしかして私、四十肩かしら?と思ったらお早めにご相談ください。
病院で長い間四十肩の治療を受けているけど…
カイロ・接骨院や鍼灸も行ったけど…
なかなか改善しない四十肩・五十肩もぜひ一度ご相談ください!

腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなるのが特徴です。
四十肩・五十肩になると、腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こり、思うように動かせなくなります。そのため、シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶなどの動作がしづらくなります。肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じるのが特徴です。


▶︎四十肩・五十肩におすすめのコース

PAGE TOP