Loading

Blog

【更年期障害】更年期は何才くらいから?不調がでる理由は? Vol.1

こんにちは♡

女性の健康をサポートする中野・新宿エリアの美容整体師 八賀です。

 

先日、リピーター様から、更年期障害のご相談を受けました。

 

当院にいらっしゃる患者様は30代〜40代も多いので、現在まさに更年期の症状が辛い方、プレ更年期の方など、比較的同じお悩みを持たれている方も多いかと思います。よかったらぜひ、上手にご自身のお身体と付き合っていくためのご参考にしていただければ幸いです。

 

本日から数回に分けて

「更年期」についてお届けしてまいりますね。

 

 

目次

Vol.1
 更年期は何才くらいから?
 更年期に不調が出る理由
Vol.2
 どんな症状がでるの?
Vol.3
 更年期を少しでもラクに過ごすための対策

 

 

 

更年期は何才くらいから?

「更年期」とは、閉経をはさんだ前後5年、約10年間の時期を指します。50歳すぎに閉経する人が大部分なので、一般的には45歳〜55歳くらいの時期が更年期にあたる方が多いかと思います。更年期の症状が本格的に出始めるのは、卵巣機能が落ちてきて月経が不順になり出す40代後半ぐらいの方が多いようです。

 

 

更年期に不調が出る理由

卵胞の数が減ってくると、まずは一般的に月経周期が短くなっていきます。

卵胞から分泌されているエストロゲンやプロゲステロンの量が少なくなるため、脳から「もっとホルモンを分泌しなさい」という指令が出て、これにより卵巣が過剰に刺激され、排卵が早く起きてしまうのです。また、プロゲステロンの量が少なくなると黄体期も短くなり、結果的に月経周期が短くなります。
月経周期が短くなることに加え、そのうちに、月経日数自体が少なくなる、少量の出血が長く続く、月経量が減る、逆に月経量が極端に増えて貧血状態になるといった月経不順があらわれます。これらはプレ更年期から気になりはじめる人も増えてきており、更年期はじまりのサインと言われています。
やがて脳がいくら卵巣に指令を送っても反応しなくなり、月経が起こらなくなり、閉経に至ります。卵巣が脳からの指令に対応できなくなるとホルモンバランスが乱れ、ほてりやのぼせ、大量の汗をかくなど、さまざまな症状が出るようにもなります。

つまりこの女性ホルモンの減少が、不調の出る原因となります。

 [Vol.2 どんな症状がでるの?]へ続きます。

 

たくさんの嬉しいお声をありがとうございます!!

【更年期障害】どんな症状がでるの? Vol.2

関連記事

  1. 花粉症がお辛い方にオススメの・・♪

    2019.03.01
  2. セミナーゲスト参加♡小顔のデモンストレーションで名古屋へ

    2018.11.04
  3. 年齢にあったダイエットをすれば体重は必ず落ちます!

    2019.04.07
  4. 産後ママさんと赤ちゃんラッシュ

    2019.03.05
  5. 東京さんぽ

    2019.03.04
  6. 雑誌掲載の影響で、お電話ラッシュ!

    2019.02.12

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP