Loading

足のしびれ

足のしびれ

 足が痺れる、足が震える、指先が痺れる、太ももの裏がピリピリして痛い、痺れて立てない・・・。
 こんな症状経験したことありませんか?
 足が痺れると指先も震えて、立つどころか横になっていても辛くて、しばらく何もできなくなってしまいます。それ以上に原因も分からずに、自分の足が痺れていたら驚きも不安も隠せないでしょう。
 正座を長時間していて足が痺れるというのはだれもが経験されていると思いますが、何をしたわけでもないのに足が痺れるのでしょう?

 足のしびれの原因は色々とあります。老化による体の機能の低下や筋肉・腱などの疲労によるもの、末梢神経の圧迫によるもの、血流が滞って起こるもの、脳や血液の病気によるもの、などが挙げられます。原因も分かっていて尚且つ回復も早く支障を来たすことがないようなものであれば、何も心配する必要ありませんが、全く前触れもなく突然起こるような原因不明のしびれに関しては、やはり注意が必要となります。
 足のしびれを伴う病気は色々とあります。しびれの起こる場所や強さ、その他の症状によって考えられる原因となる病気も様々です。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症や変形性腰椎症や坐骨神経痛では、主に片方どちらかの太ももの裏から足先にかけて鈍いしびれがあり、それと共に腰の痛みも少なからずあります。頸椎症や糖尿病は足だけでなく手先のしびれも同時に伴うこともあります。
 また、骨盤が歪みから腰痛や、足がしびれることがあります。少しくらい腰が痛くても、「大丈夫!!」・・・なんて、思っていませんか?腰痛がひどくなると足にしびれが走ります。足がしびれが気になりはじめたら、悪くなる前に、一度ご相談ください。


足のしびれほおっておかないで!

 足のしびれの症状、といってももちろん「足が痺れる」ことが症状なのですが、例えば正座をしていて足が痺れるというのであれば、もちろんすぐに回復するでしょうし何も問題視するような症状ではありません。しかし、日常生活の中で急に起こった足のしびれは、やはり何かの前兆として現れた初期症状と捉える必要があるかもしれません。

 ほとんどの場合、正座で感じるような激しくピリっとするものとは違い、微弱な電気が走る程度の感じ方だったり、指先を思うように動かせないというような感じ方をすることが多いです。症状が弱いと「ただ疲れているだけかな?」などと思い込んでしまい、自分に起きている症状に向き合おうとしません。病気の前兆として現れているのであれば、次第にしびれも強いものになったり他の症状が強く出始めるので、注意が必要でしょう。
 どのような病気にでも言えることですが、早い段階での発見が治療の鍵となります。出来るだけ症状の軽い内から治療が出来るに越したことはないでしょう。
足のしびれがあるから、その足が悪いの?そう思われている方も多いとは思いますが、原因は腰椎などの脊柱の歪みが原因のことが多いです。
 足の痺れている個所が根本原因の場合は、割りと少ないです。


東中野,足のしびれ,足の痺れ,坐骨神経痛

足の痺れがひどくなる前に早めに解決しましょう!!!

 糖尿病で痺れの薬を飲んでも改善しない方、四肢の痺れが出ている方も改善されています。
 あきらめずに一度当院の施術を受けてみてください。
 足の痺れでお悩みでしたら、女性専門整体院 Studio de beauté HACHIGAへご相談ください。

▶︎おすすめのコース

PAGE TOP